MENU

男性が思う「優しい女性」とは

 

“優しさ”には様々な種類がありますが、男性が思う「優しい女性」とは一緒にいてストレスを感じないことと自分だけへの特別感があることです。
おせっかいや嫉妬心に繋がる優しさは、男性によっては嫌がられるので注意しましょう。

 

優しさの種類

 

「優しい」という言葉について、人の優しさに関連した部分を広辞苑から抜粋しました。

 

  • 周囲や相手に気をつかって控え目である。つつましい。大鏡序「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど―・しく申すなり」
  • おだやかである。すなおである。おとなしい。温順である。狂言、痺り「私のしびりは―・しいしびりで、宣命を含めますれば、そのまま直りまする」。「気立てが―・い」
  • 情深い。じょうがこまやかである。狂言、八句連歌「―・しの殿の心やな」。「―・い言葉をかける」

参考元URL:広辞苑無料検索

 

主に気配りができて穏やかであることですが、実際に求められる優しさは相手のことを思いやることも含まれます。
恋愛など1対1のやり取りにおける“優しさ”の代表事例をご覧ください。

 

  • 心配してくれる
  • いつもニコニコしている
  • 嫌なことを手伝ってくれる(代わりにやってくれる)
  • 困った時に助けてくれる(愚痴を聞いてくれる、病気や怪我の看病など)
  • 相手から始めたトークを盛り上げてくれる(聞き上手)
  • 嫌なことに対して干渉しない(余計な話に首を突っ込まない)
  • 話に共感してくれる(実際には共感していなくても話を合わせてくれる)
  • イエスマン(何でも相手の好きなようにさせてくれる)
  • 他の人が言えないことを指摘してくれる
  • 些細なことでも声かけをしてくれる
  • お願いしたことに対して一生懸命やってくれる
  • 空気を読める
  • 相手を喜ばせる努力をしてくれる(プレゼントなど)
  • 不機嫌な態度をあまり取らない(感情が安定している)
  • 相手のことを立ててくれる
  • すぐに褒めてくれる
  • 相手(男性)向けのデートプランでも文句を言わない
  • 何でも我慢をできる
  • 不満を溜め込まない

 

 

嫌われる優しさとは

 

上記で紹介した優しさは全て男性が喜ぶ言動ですが、一部で優しさの表現方法を間違えると嫌われる恐れがあります。
また、女性が男性に対して優しくする際は、それを見ている同性(女性)からの視線を意識しておくとよいでしょう。
嫌われる優しさは次の種類があります。

 

  • 見返りを求めた優しさ
  • おせっかい
  • あざとい
  • 空気を読めない
  • 重たい
  • 感情的になりやすい
  • 誰に対しても優しい

 

男性が嫌がる意見でとても多いのが、他の男性に対しても優しすぎることです。
嫌われる優しさは女性のキャラクター男性の性格・好みによって変わってきます。
自身(女性側)が優しさを出しているつもりでも男性の反応がイマイチの場合は注意してください。

 

 

優しさの出し方に正解はない

 

さわやかな笑顔を浮かべる女性

男性から優しい女性に思われるためには、ある程度の我慢をして男性へストレスを与えないことが無難です。

 

しかし、優しさのアピールを頑張りすぎると付き合ってから窮屈になって長続きしなくなります。
また、優しさの出し方によっては「つまらない」、「あざとい」、「おせっかい」、「面倒くさい」などネガティブな印象を与えるので注意しましょう。

 

男性が求める優しい女性の理想像は、男性の性格や価値観、シチュエーションによって変わってきます。

 

無理をした優しさではなく、自分の個性を活かした優しさを出すことと、「優しくない」など悪い印象を与えないように意識してみてください。

 

残念に思われる女性の特徴を再確認!